不正対策

中国国内の景気の後退にともない、過去の好業績が覆い隠していた問題が顕在化しています。昨今の中国子会社による不祥事は、景気後退局面で露呈した典型的な不正のケースと言えます。弊社では不正の調査から、対策の構築、規定・マニュアル類の整備から継続的な監視まで、公認不正検査士の資格を有する専門家が貴社の中国子会社の健全な運営をサポートします。

不正調査 不正対策のための内部統制構築経理規定、業務マニュアルの整備 不正の予防、内部統制モニタリング

 

不正調査

弊社では不正を 「小」、「中」、「大」問題とその深刻度合によって分類し、不正の内容及び重要性によって調査を実施します。


出張費、交際費などの不正精算(カラ出張、カラ接待)
私的な通信費、交通費、飲食費などの不正精算

裏金のプール
購買担当者のリベート受領
消耗品などの架空取引

財務(出納)担当者の横領
回収見込みのない顧客への販売、与信情況を無視した取引
会社責任者(総経理あるいは購買責任者)と親族会社との不適切な取引
 

これらの兆候が見られる場合にはまず弊社までご連絡ください。秘密は厳守いたします。

 


詳細はこちら
 

不正対策のための内部統制構築

不正に対応する内部統制はJ-SOXで求められる内部統制制度を基礎にするとはいえ、不正の生じやすいプロセス、例えば購買先選定・金額承認、在庫・設備・消耗品廃棄、総務関連費用支出、現金支出などの各プロセスにおける管理手続の重点的な構築が必要です。重点プロセスにおける既存の業務フローや業務手順書を参照しながら手続の省略や不備がないかを把握し、承認プロセスの明確化、購入・処分金額の妥当性指標の導入、トレーサビリティが確保される会計処理の導入を支援します。中国子会社へのJ—SOX導入経験のある会計士がするからこそ分かる、不正対策を内部統制制度に組み込む場合の難しさと勘所があります。公認不正検査士の資格も有する我々に、貴社のJ—SOX内部統制から一歩進んだ不正対策の制度構築をお任せください。

 

経理規定、業務マニュアルの整備

中国子会社の決算報告、あるいは売掛金、買掛金、小切手・手形・現金、棚卸資産、固定資産などの各勘定科目の管理は一従業員に頼ることなく、組織として行われなければなりません。人材の流動性の高い中国では、内部統制の観点のみならず、企業の安定経営の観点からも、経理規定と実務マニュアルを整備する必要があります。 弊社は企業リスク管理の第一歩である会社の規定、マニュアル類の作成を支援します。

 

不正の予防、内部統制モニタリング

不正の防止には、不正対応の内部統制を構築した後の、継続的な監視プロセスの導入が必要です。弊社では、会計監査経験豊富なマルチリンガル・スタッフが、会社の行なう内部統制を補完または代行し、効率的かつ経営改善に役立つ不正の予防、内部統制モニタリングを実行します。中国子会社の健全な経営は、企業価値の創造、維持に繋がります。弊社では公認不正検査士の資格を有する専門家が、中国子会社を定期的、継続的に訪問し、モニタリングする巡回サービスを提供しています。また、中国子会社の不正監視ツール“看看”を用いたリモート監視業務も提供しており、子会社に行かずして不正の発生を防ぐサービスも提供しています。


詳細はこちら