これからの中国事業に必須〜経営の現地化

中国事業を取り巻く経営環境は日々刻々と変化しています。これまでの日系企業にける海外事業展開モデルは、熟練の技術やノウハウを本社と同じ経営スタイルで伝授すべく、日本人出向者を多く派遣して事業を展開してきました。しかしながら最近では、これまでのやり方での中国ビジネス展開の限界が見え始めてきているようです。
日系現地法人の多くの会社で、中国人ポストの最高位は”副”総経理です。有能な人材を確保するためには、「ガラスの天井」から脱却し、”正”ポストを現地幹部に任せる変革が必要です。
事業コストの低減だけでなく、労務問題への細やかな取組み、中国市場への積極的な関与から次の事業展開が見えてくるはずです。他にも、PM2.5に始まる環境、インフルエンザ等の健康、若年、高齢日本人へのビザ発給制限なども、派遣に伴うリスクが山積しています。

 

税務リスクマネジメントの必要性

経営の現地化=法人運営体制の自立で大きな課題となるのが、経理事務とりわけ税務実務の現地化です。製造や販売では積極的に権限委譲を進めていても、現金収支を司る経理事務の現地化には慎重な会社が少なくありません。
しかしながら、「経理事務の現地化」なくして「経営の現地化」はありません。
経理事務の主要部分を占める税務計算・申告の効率的なマネジメントが必要となる所以です。
税金計算・申告作業の相当部分を現地幹部に任せる傍ら、本社として必要な支援を適時に行い、税務実務を「程よく」監督する「間合い」が大切です。
本社でもなく現地法人でもない、第三者による税務計算・申告実務の専門家による有効且つ効率的なチェックは、事務コストの低減のみならず当事者双方に公平であるとも言えます。

 

税務リスクマネジメント支援業務の概要

弊社では、企業所得税、増値税、営業税、個人所得税の主要四税を対象として、貴社の「中国税務リスクマネジメント」の体制構築、運営強化に向けた支援業務を提供致します。

 

税務リスクマネジメント支援業務の概要

弊社では、企業所得税、増値税、営業税、個人所得税の主要四税を対象として、貴社の「中国税務リスクマネジメント」の体制構築、運営強化に向けた支援業務を提供致します。



基本モジュール
(主として中国国内税務)
・主要四税税務申告
・計算レビュー申告
・計算上の誤りを指摘し、改善の方向性をご呈示致します。
 【直近一年を対象年度とします】
標準価格 30,000元
オプションモジュール
(国際税務)
・PEリスクの評価
・移転価格リスクの評価
・寄付金課税等その他国際税務リスクの評価
直近一年を対象とする国際税務全般に対するリスクを評価し、
改善の方向性をご呈示致します。
標準価格 25,000元
税務申告チェックリストの作成 ・税目別の申告
・計算マニュアル
・税目別の申告
・計算チェックリスト
担当者の突然の変更にも対応すべく、会社の実際の納税実務に応じたマニュアルの作成及び管理者向けのチェックリストをカスタマイズします。
標準価格
100,000元/企業所得税
50,000元/その他税目
経理スタッフ トレーニング ・一般税務から会社固有の税務問題まで対応 標準価格 15,000/半日