2016移転価格ローカルファイル〜乗換えサービスのご案内
 
 
 ローカルファイルの提出義務と期限
国家税務総局公告2016年第42号通達が公布され、2016年度の移転価格文書(ローカルファイル)の内容が一部改定されました。
作成基準は同じく、年間の有形資産取引2億元以上、技術使用料、商標権使用料、役務取引などその他取引4千万元以上と変わりません。
作成期限は翌年6月30日までと一ヶ月延長となりました。提出期限は税務機関の求めがあってから30日以内に提出することに変わりはありません。
 
 ローカルフィルの主な修正点
・ 取引価格決定要素として、無形資産と地域特殊要因(ロケーションセービング、マーケットプレミアム)への言及
・ 関連・非関連、国外・国内の4分割切り出し損益計算書の作成
・ バリューチェーン分析の一環としての取引各参与者の直近年度の財務諸表の提出要請
・ 地域特殊要因の定量化やグループ利益の配分原則の記述
 
これらの重点ポイントに対し、開示の範囲と深掘りの程度をどこまで限定して取り掛かるかが鍵となります。
また、連結売上高1千億円を超える企業集団では本社の作成するマスターファイルの現地での提出(中国語版)が求められますが、現地でのローカルファイル作成が先行することから、両ファイルの整合性に注意が必要です。例えば「企業グループ内の各構成メンバーの価値創造方面における主たる貢献。実施する重要な機能、負担する重要なリスク、及び使用する重要な資産」では、中国法人のグループ内での位置づけが明確にされていなければなりません。
                  
 ローカルファイル乗換えサービスのご紹介       
2016年の移転価格ローカルファイルでは少なからぬ改正箇所と記載上注意すべきポイントがあることから、作業量の負荷増大を理由に報酬の増額を求めるコンサルタントが多いものと予想されます。 
 
弊社では長年にわたる経験の蓄積に基づき、本通達を理由とする報酬の増額は致しません。
他のコンサルタントから、2016年度移転価格ローカルファイル作成の報酬増額が要請された場合は是非弊社にご相談ください。前年と変わらぬ金額で同様のサービスをご提供致します[1]
 
弊社の強みは中国語、日本語、英語のマルチリンガルでの対応です。文書翻訳、当局への口頭説明などの局面において、ローカル事務所でも大手事務所でもないブティックファームとしての強みを発揮致します。
 
貴社の税務リスクを高めることなく、コストを低減する方策としてご検討頂ければ幸いです。    
当サービスの詳細につきましては、下記までメール或いはお電話でお問い合わせください。
 
お問い合わせ先:
上海ユナイテッドアチーブメントコンサルティング
上海市延安中路1440号 アポロビル6階
鈴木康伸(代表)/ suzuki@u-achievement.com
大城哲辞(パートナー)/ oshiro@u-achievement.com 
URL: www.u-achievement.com
 

[1] 2017年2月末までにご契約頂いた方に限定のサービスです。 
前年度の文書と報酬請求書をご提示ください