経営支援

制優遇、保税貿易、外貨送金、労務政策、環境保護への対応など、中国における企業経営に関わる制度が日々変化しています。しかも、法令が必ずしもタイムリーに実践されないところも中国の国情です。 弊社では、現地に根ざしているからこそ得られる生の情報に基づく、企業経営に対する有意義なアドバイスを皆様にご提供致します。

監事役派遣 子会社経営・管理支援 現地スタッフ教育 中国税務会計オンラインコンサルティング

 

監事役派遣

中国では今、習近平指導部が進める反腐敗運動の影響が日本の大手企業にも広がってきています。
中国子会社では現状効率性よりもより透明性に重きを置いた運営が求められているわけです。
そこで、会社の運営機関である「董事会」や「経営管理機構(総経理、高級管理職)」の職務執行の監督を行う機関としての”監事”の役割が重要になります。
しかしながら多くの日系中国子会社では、監事として本社経理部門の責任者を任命することが多く、日常的に子会社経営の監督を行うにはほど遠い状況にあります。
弊社の専門家が日系在中国子会社の監事役として、定期的に会社を訪問し業務を監督することで、これまで以上に実効性のある子会社の管理が達成されます。


詳細はこちら
 

中国子会社の現地化を進めていく先には、現地で経営を任せられる管理者が必要となりますが、必ずしも適任の人材が常時確保できるわけではありません。弊社では管理者人材が不足する中国子会社の経理・財務・税務・人事等の管理系業務におけるショートリリーフとして一時的(原則として半年以上とさせて頂きます)に事務を代行したり、中国業務の長期的なパートナーとして中国事業に経営参画する業務を提供しています。

 

弊社では会計税務、法務に関わる事務所との共同作業が多いことから、若手の会計税務人材との交流の機会も多くあります。貴社の中国人スタッフに会計税務に関する集合研修を実施したり、弊社で一時的にオンザジョブ トレーニングを受けて頂いたりも可能です。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

上海地区以外の方々には、メール、電話、テレビ会議等による随時質問回答サービスを実施しています。
また、中国税務会計規定のアップデート情報の定期的な提供など、巡回訪問を必要としない簡易サービスも提供しています。詳細はお問い合わせください。